読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅにゃくんのはてブロ。

ブログ不精なんですが...。

KNOWERライブ行ってきた

f:id:jun_ya:20160805183124j:plain

 

KNOWERのライブ見てきましたよー。

ルイス・コールの生シンセベース見ちゃった、生ドタバタドラム見れちゃったよ。ジェネヴィーヴ・アルタディのエンジェリックボイス聴けちゃったよ。

楽しかった楽しかった。もう一度言う、楽しかった。

 ライブはルイス・コールとジェネヴィーヴ・アルタディの2人だけのステージで、2人の後ろにはプロジェクターで曲の展開に合わせたムービーが流れてました。ルイスはキーボード、ドラムを曲ごとに演奏し、たまに煽りの掛け声をして、ジェネヴィーヴは時たまハンドマイクにしてステージを動きまわって、いわゆる「つかみ」はうまかったなーと感じました。

ライブ会場の月見ル君想フのフロアは結構入ってたので日本にKNOWERのファンはそこそこ居るということがわかったこともちょっと嬉しいことであります。日本のKNOWERファンはもっと発言していけばいいのに。そうすればまたライブを見れるチャンスがやってくるかもですよ。

 対バンのヤセイ・コレクティブのマサさんのMCで「KNOWERのマネージメントの前任者が日本人で、ヤセイ・コレクティブの海外マネージメント担当だ」と言ってたっすよね。

マネージメントの方がいらしてたらKNOWERの活躍などを色々話を聞きたかった。というかルイス・コールに話を聞きたかった。これでもか!と言わんばかりのファンキーなシンセベース、シンセコードワークはKNOWERを代表するカラーの一つでありまして、そのへんはどういったバックグラウンドで出来上がったのか興味ありありだったのです。他にPomplamooseMister Liesとの共演のいきさつとかね。

ライブではファンキーなシンセベースがさらにパワーアップして、ベースソロ?と言っても過言ではない演奏してました。ルイス・コールは、話題のドラムプレイもさることながらキーボード演奏っていうかシンセベースプレイももっと取り上げられるべきだと思うんですよ。初期YMOにおける細野晴臣さんのシンセベースやスクリッティ・ポリッティの名作「キューピッド&サイケ85」のシンセベース(これってデヴィッド・ギャムソン?)、808stateのPacific202の跳ねるベースラインあたりに胸がキュンキュンしていたのでKNOWERのファンキーシンセベースがグイグイ刺さってたのです。そういったファンキーなベースライン談義なんかもしたいなあと。

他にもableton live padの高度な演奏もさらっとやってしまうあたりのマルチプレイヤーっぷりのお話も聞きたい。

しかし、当方、英語力ゼロなのでフロアをふらふらしてたルイス・コールを捕まえて「May I Have Your Autograph? I Wathed Your New Song! Graet Funky Bass!」っていうのが精一杯でして…。

気さくにサインに応じていただいたルイス・コールが何かしゃべっていたのですがほとんど理解できませんでした。残念すぎる…。自前のサインペンを指さして「これ、キミが持ってきたんか?すげえな」って言ってのは理解できました。よし、英語の勉強をしよう。そうしよう。

 

もとい。ライブ感想。

 

Overtimeから始まりThings About YouAroundと続いて、大胆なEDMアプローチのTime Travelerでフロアはだんだん熱くなってきて、最新アルバム「Life」に収録されたPizzaで一度目のピークタイム。正直、Pizzaがパーティーチューンになるとは思っていなかったです(笑)。曲にあわせたムービーによる効果は絶大ですよね。まあ行った方だけがわかるネタということで。

あ、また脱線しますがムービー再生とMIDI接続のキーボード音源はMacBook Proのアプリケーション使ってたようです。Mac OS Xって進化しながらアプリケーションが落ちにくくなったなあとつくづく感心してました。誰だったか忘れちゃったけどMac OS X使ってやったライブでアプリケーションが何度も落ちてライブ中断っていうのを体験しているのです。

再びもとい、ライブ感想。

セットリストは覚えておこうと思ったのですが、もうどうにでもなーれーな気分で曲順覚えるのはやめました。Things About YouやAroundのような古めのアルバムからの曲や先にあげたOvertime、PizzaやHnaging On、Die Right Nowなど最新アルバムから多めの幅広い選曲でしたね。

フロア的にはEDMアプローチな最近の曲が反応よかったような気がします。自分は古めでも好きな曲たっぷりあるので幅広い選曲はお腹いっぱいの気分になりましたよ。大好きなI Rememberやってくれたし、ルイス・コールのへんてこラップが映えるThe Goverment Knowsもやってくれたし。

 

思い出すとニヤニヤしてしまいます。

日本に呼んでいただいたスタッフの方々、ライブ会場の月見ル君想フ、ヤセイ・コレクティブの皆様、そしてKNOWERのカップル2人には感謝カンゲキ雨嵐攻撃をお見舞いしたい気分です。

KNOWER、年イチ程度で来日してくれると嬉しいなあと思いつつ…。


対バンのヤセイ・コレクティブはすいませんがはじめて聴きました。
ポストロックとかプログレ好きな自分には変拍子、展開ありありの楽曲にはグサグサやられました。
アルバム買って聴きこんでみたいと思います。

 

そう言えばKNOWER、アルバム「LIFE」からの新曲Butts Tits MoneyのPVが公開されてました。

www.youtube.com

 

 

Life

Life

 

 

広告を非表示にする