読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅにゃくんのはてブロ。

ブログ不精なんですが...。

越後製菓の「わりせんたまり」にハマりそうっていうかハマってる

新野製菓の「名作」というたまり醤油を使った堅焼きせんべいを知ってますか。

濃いめの味付け好みの自分はこのおせんべいが大好きだったんすよ。新野製菓のオンラインショップで箱買いするほど。メーカーから直接取り寄せた作りたての名作は歯ごたえ良くてパキッと割りやすく(店頭で買う名作は「バキッのような硬めな音)、作りたてだからだと思うのですが醤油の香りが口に広がってとても美味しかったのです。一度取り寄せを体験してしまうと店頭販売の名作では物足りなくなるくらい。

 

しかし、2010年、新野製菓は業務停止してしまい名作は入手不可能になってしまいました。いきなりのニュースだったのでショックだったなあ。

それ以降、「ポスト名作」を探しつづけています。値段も高くないコンビニやスーパーなどで気軽に買える濃いめのたまり醤油堅焼きせんべい。ややこしい条件ではないのですぐに見つかると思っていたのですがなかなか見つからないっす。

 

ポスト名作を探しはじめて数年後、亀田製菓の「技のこだ割り」という割れせんべいを見つけました。条件的にはぴったりだったのですが、何かが違う何かが。醤油の味が名作と比較すると甘みがあるような…名作ロスから数年経ってて思い出補正がかかっているのかもしれないですが、やっぱり何かが違う感は拭いきれない。

 

www.wazanokodawari.com

 

それからまた数年。今度は高橋英樹出演でおなじみの越後製菓から「わりせんたまり」という堅焼きせんべいが発売されていました。

 

味の追求 わりせんたまり|味の追求|あられおせんべい|越後製菓株式会社

 

宣伝文句は「割り口まで濃厚うまみ醤油をしみ込ませたわりせんべい」だそうです。口にふくむと濃厚な醤油の味がじゅわっと広がります。この味の濃さは薄めの味付けが好きな人はキビしかもしれない。それほど味濃い目です。濃いめの味付けが好きな人には最高、最高、そして最高。

噛みごたえは「技のこだ割り」よりは弱めです。バリバリとたくさん食べても頭がクラクラしない。味の濃さ、噛みごたえともに「技のこだ割り」よりも自分好みです。

 

もしかするとポスト名作は「わりせんたまり」になるかもしれない。

というかすでにハマっています。オンラインショップで大量購入しちゃって一日一袋ペースで食べちゃっている。そろそろ無くなりそうなのでまた注文しなくては。

もし越後製菓の方が見ていたらお願いが…できればAmazonでも購入できるようになりませんかね(笑)。

 

www.echigoseika.com

 

ところで新野製菓の名作。ファンが結構多かったようですね。ググるとブログや2ちゃんねるのスレなどが引っかかったります。

 

新野製菓 名作 - Google 検索

 

新野製菓の煎餅「名作」の復活を願う

 

いつの日か名作が復活してくれると良いな。

 

ところで再び。「わりせんたまり」って字をみるとマカロニほうれん荘を思いだすのは自分だけですか(笑)。

ro.pinterest.com

 

 

亀田製菓 技のこだ割り 120g×6袋

亀田製菓 技のこだ割り 120g×6袋